袱紗風呂敷バッグ

ご祝儀袋

風呂敷や大きめのハンカチ、手ぬぐいなどを利用して手作りのご祝儀袋ができます。通常のご祝儀袋は1回限り後で使えませんが風呂敷を利用した袋なら後から使う事ができるのでエコにもなります。

おしゃれで素敵なものができあがります。既成品でも種類が豊富にあるのでおすすめです。手作りの場合は好きな柄や模様の風呂敷を選び水引や厚紙、両面テープなどの材料を揃えます。

アイロンはしわを伸ばす時に必要なので用意しておきます。水引も安価に手に入れる事ができます。簡単にできるので作り方を覚えておくと贈る相手により好みの柄を選ぶ事ができ便利です。アイロンで風呂敷のしわを伸ばしてから半分におり表にしたい柄を下側にして左側をおります。

折ったところに厚紙を差し込み右側をおります。下側を折り右側を厚紙に沿うように折りますが柄が中央にくるように調節しております。

最後に厚紙に沿って上下をおります。裏に返した時に上側が下、下側が上に乗るように折ります。水引をかけて布を抑え短冊をさします。